腰痛グッズnavi

腰痛と血行不良

腰痛グッズと呼ばれるものが流行しているようです。
ストレス、長時間労働や食生活の変化、生活様式の変化などの要因から腰痛になる人が急速に増えています。
日本人の10人に1人は今や腰痛を感じているといわれ、もはや立派な国民病といえるでしょう。
腰痛は腰痛グッズに頼らなくても改善することができます。
腰痛の大きな原因として挙げられるのが『血行不良』です。多くの人が運動不足であることとこれは関係があります。
腰痛になりにくい人は良く歩くといわれていますが、それは第2の心臓といわれているふくらはぎの筋肉をよく使っているからです。
腰痛はしっかりとふくらはぎの筋肉を使うことによって、ふくらはぎの筋肉の動きが活発化します。そして活発化したふくらはぎの筋肉は次々に血液を身体に循環させようとします。腰部周辺にたまっていた痛みの物質は、血行がよくなると血液と共に流されます。これで腰痛が治まるというわけです。
しかし現実にはたくさんの人が腰痛グッズに頼らないといけない状況に追い込まれていることも事実です。
家事や育児、仕事が忙しくて、充分に歩く時間をなかなか取れない人のほうが大勢います。
腰痛グッズがはやるのは、空いた時間で気軽に腰痛ケアが可能だからでしょう。

腰痛グッズで腰痛軽減

腰痛グッズとはどのような機能がそもそもあるのでしょうか。
腰痛グッズは日々の腰痛を軽減してくれるものとして捉えるのが一般的で、腰痛の根治を求めたりして腰痛グッズに過大な期待を持ちすぎるのはよくありません。
腰痛グッズは例えば、座り続けると腰痛が出る症状に対して軽減させるもの、立ち続けると腰痛が出る症状に対して軽減させるもの、ぎっくり腰になってしまった腰を支えるサポーターとしてのものなど様々な役割があります。
ここで勘違いしてしまうといけないのですが、腰痛グッズは全ての腰痛を軽減できるものではないです。
腰痛グッズを購入する際に、その腰痛グッズがどのような方法で腰痛を軽減して、腰のどの部分をカバーしてくれるのか、自分できちんと認識しなければなりません。
これはどんな場合でも当てはまることだが、販売店や店員の言うままに腰痛グッズを買っても決してよい結果は出ません。
自分の腰痛の特徴をしっかりと認識して、腰痛グッズを選ぶことも必要です。腰痛グッズは、どんな時に自分の腰は痛みが出るかが分かっていない段階では購入すべきではありません。
それは整形外科や整体院、整骨院に行くときでも一緒です。自分の言葉できちんと説明できるようにしておいてください。

腰痛グッズで姿勢改善

腰痛グッズを購入する際に、どうして自分は腰痛になってしまったのか考えることも腰痛改善には大切になってきます。例えば姿勢が悪くて腰痛になったなら、腰痛グッズは姿勢を矯正するようなものを購入する必要があります。ただ単に腰が痛いからといって腰痛グッズを購入すること、無駄になってしまう場合があります。
腰痛グッズにはいくつか、姿勢が悪くて腰痛になった人向けに販売されているものがあります。
一般的に販売されているものは、腰痛を改善していくために丸くなった姿勢を伸ばすことによって正すという腰痛グッズです。ただここで注意してほしい点があります。
筋肉や関節はしばらくしたら元に戻ってしまうので、腰を伸ばしたからといって腰痛はすぐ治りはしません。必ず毎日継続してじっくりとストレッチすることが大切です。
姿勢を改善する腰痛グッズを購入しても三日坊主では、せっかくの腰痛を和らげるチャンスがなくなってしまいます。
腰痛グッズで腰をストレッチするとき、他にも気をつけることがあります。
これはどのストレッチにも共通しますが、次の2点に注意してください。しっかりと意識して呼吸を行うこと。それから伸ばしたいところに意識を集中させて行うこと。
ストレッチを何も意識しないでおこなうことほど危険なことはありません。せっかくの腰痛グッズで更に腰痛を悪化させてしまうことにもなってしまいます。

腰痛グッズのオススメは?

腰痛グッズの中で、腰痛軽減に私が一番効果的だと思うものがあります。それは運動をサポートする腰痛グッズです。
腰痛を抱えているほとんどの人が運動不足です(運動のしすぎで腰痛になる人も中にはいますが)。毎日仕事や家事、育児が忙しくて運動不足といった人は、腰の鈍い痛みと日々付き合っています。
腰痛軽減に運動を手助けする腰痛グッズとは一体どのようなものがあるのでしょうか。
一番分かりやすい腰痛グッズは『バランスボール』などに代表される体幹を鍛えるものでしょう。しかし私がここでお勧めするものはバランス系の腰痛グッズではありません。
バランス系の腰痛グッズは、いろいろな筋肉に適度の負荷を与えるため腰部周辺の筋肉が鍛えられ確かに腰痛軽減に効果があります。ただ最初のうちはなかなか上手く行かないことのほうが多いです。腰痛グッズを選ぶなら、それよりは腰痛を誘発している筋肉へピンポイントに攻めることができるほうがよいと思います。
商品名は差し控えますが、少ないながらも優良商品が腰痛グッズの中には存在します。角度が変えられて、立っているだけでふくらはぎの筋肉がストレッチ出来る腰痛グッズが私のオススメです。
なぜこれが腰痛に効果があるかは分からないかもしれません。ただあるタイプの腰痛の人にはこの腰痛グッズは絶大な効果を発揮することがあります。

腰痛グッズでふくらはぎストレッチ

腰痛グッズの中でもなかなかの優れモノ。効果的にふくらはぎをストレッチ出来るグッズですが、簡単にどんな腰痛に効くかを説明したいと思います。これから記すことは口外は控えてください。腰痛のプロしかしらない知識をこれから披露します。
私が素晴らしいと思う腰痛グッズはふくらはぎをストレッチできるだけでなく、腿の裏の筋肉であるハムストリングスも効果的にストレッチ可能です。
腰痛の原因は骨盤の傾きだと説明をしましたが、その骨盤を傾けさせる悪さをする筋肉がハムストリングスなのです。ハムストリングスという言葉を覚えていてください。
運動不足や疲労などで血行不足になるとハムストリングスは緊張してきます。このハムストリングスの緊張のせいで、骨盤が後ろに引っ張られます。骨盤が後ろに引っ張られることで、腰部の筋肉が突っ張った状態になります。腰痛はこの突っ張った状態の部分の筋肉が痛み出すために引き起こされるのです。
腰痛グッズの中でふくらはぎをストレッチできるグッズは超オススメなのでぜひ手に入れてください。もしくはふくらはぎのストレッチを欠かさずやってほしいです。
腰痛が前屈した時に出るときは、ハムストリングスが緊張していることが考えられます。そしてもしそんな状態の腰を更にストレッチしたらどうなるか分かるでしょうか?突っ張った腰を更に伸ばすことになるので結果は悲惨です。

腰痛グッズ クッション

腰痛グッズといえば、座る際に腰をサポートしてくれるクッションが真っ先に思いつくのはではないでしょうか。パソコンが普及してからというもの、画面を1日中座りっぱなしで見続けていることも普通になってきたと思います。
しかし、腰痛になっていない人でもそんな状態を続けることはやはり苦痛でしょう。
腰痛になる原因として同じ姿勢を続けることが挙げられます。何ごとも同じ姿勢で長時間いることは身体によくありません。
例えば飛行機の中で座席に座り続けていると『エコノミー症候群』になるのと同じことです。仕事中でもこまめに席を立つなどして少しでも筋肉を動かすことが大切です。
そうはいっても仕事中に休憩を取ることはなかなかできません。しかも腰痛の人にとっては座っていることは短時間であってもつらいものです。そこで腰痛グッズの登場です。
腰痛クッションはいろいろなタイプのものがありますが、共通するのは座りながらでも腰の生理曲線を維持できるようにすることです。
腰痛クッションに求められる性能は、いかに自然な姿勢を維持できるかです。
腰痛クッションは自然に立った状態、つまり腰に一番負担がない姿勢を座っていても維持出来るように作られています。
例えば長距離運転する際や、オフィスで使用している椅子に使っても良いです。

腰痛グッズの専門家

腰痛グッズの中には、一体これは何に効果があるのだろうかと考えてしまうものも結構あります。ちゃんとした専門家が監修をして腰痛グッズが作られているとは思うのですが、これらの腰痛グッズを購入する際は、販売店の意見を鵜呑みにしないほうが良いかもしれません。
腰痛グッズは基本的には万人に効果があるように制作されています。
裏返せば、個々人が抱える腰痛それぞれに対して効果があるかどうかは分からないということです。
しかも注意すべきは、腰痛のことを全く分かっていないで腰痛グッズを販売している店が中にはあることです。
やはり専門家のアドバイスを仰いだほうが腰痛グッズを上手く利用できるでしょう。
例えば最近は整骨院や整体院、整形外科などでも腰痛グッズを扱っているところが結構あるようです。
腰痛から少しでも早く解放されたいと思うのであれば、忙しくても何とか時間をつくって整形外科や整骨院などで専門家に一度診察してもらうのがいいでしょう。
しっかりと自分の腰痛を説明できれば、あなたの腰痛の傾向がだいたい分かるはずです。
そこでまず仕事などが忙しいためどうしても定期的には通えない旨を伝え、先生に的確なアドバイスを求めます。そして話題が腰痛グッズなどに及んだら、すかさず自分の腰痛に効果のある腰痛グッズを紹介してもらうと良いでしょう。
くれぐれも販売店の意見だけで腰痛グッズは決めないようにしましょう。

腰痛グッズ マッサージチェア

腰痛グッズの中で究極とも言われるものがあります。マッサージチェアがそれです。
腰痛グッズといってしまうのは少し違うかもしれませんが、最近のマッサージチェアの性能は目を見張るものがあります。
お近くの家電店で是非一度マッサージチェアを体験してみてください。
腰痛グッズの役割はあくまで腰痛を軽減するための補助的なものが多いですが、最近のマッサージチェアは腰痛を本気で改善してしまうのではないかと思うくらいの性能があります。
マッサージチェアで特に注目すべき非常に重要な点は、今のマッサージチェアはくまなく全身をケアできるものがほとんどだということです。
腰痛を改善するには、全身の筋肉のバランスを整える必要があります。
最近整体院が流行ってきているのは、整体師の腕にもよりますが、全身をしっかりとほぐしてくれることで腰痛対策にかなりの効果があることが分かってきたからです。
全身をマッサージチェアでゆっくりと整えてみることは、整体院に負けず劣らずの腰痛改善効果をもたらすのではないかと思います。
自宅で好きなだけ、好きな時間に全身マッサージを受けられることは、昔では想像できなかったことです。
究極の腰痛グッズであるマッサージチェア。一家に一台なんて時代も遠くないかもしれません。

腰痛とストレス

腰痛グッズに腰痛を改善させる効果は確かにあります。しかしそれは筋肉が関係して腰痛になっている場合に限ることも忘れてはいけません。最近はストレスが腰痛を引き起こすという報告がされているからです。
また腰痛は重大な疾患のサインとしてあらわれている可能性もあります。さまざまな可能性を考慮しておくべきでしょう。
TMS理論というものがあるのをご存知でしょうか。
基本的には、腰痛の原因がある種のストレスであるという理論です。ストレスで胃に穴が空いて胃潰瘍になる人がいるのだから、それを考えるとストレスで腰痛になる人がいても不思議ではないというわけです。
例えば、一度ぎっくり腰になった人は必ずといっていいほどぎっくり腰を繰り返します。そしてぎっくり腰になるたびに様々な治療を繰り返しますが、また再発します。
ぎっくり腰を繰り返してしまうことへのストレス、そして治療法をいろいろ試したのにぎっくり腰が治らないことへのストレス、これがぎっくり腰を繰り返してしまう原因だということでしょうか。
腰痛グッズに頼らずともぎっくり腰は完治します。急性の腰痛の多くが2〜3日もすれば痛みは治まり、立つことができて、歩けるようになってきます。
必要最低限のことを守ることができればぎっくり腰を再発することはありません。それなのにぎっくり腰を再発してしまう人が少なくないのは、TMS理論による腰痛の説明が間違いではないことを示しています。

腰痛の再発予防

腰痛グッズで腰痛を治療できたら、その後はどうすれば良いのでしょうか。日々の生活を改めて、腰痛が再びひどくならないようにする必要があります。
ただ腰痛予防に効果的だといわれることも、やりすぎは良くないです。一つでも良いので適度に継続して実行できることを始めてみることが大切です。
腰痛を再発しないために取り組んでほしいのは、やはり運動です。
運動不足はデメリットはあってもメリットは一つもありません。腰痛がない人でも定期的に運動をおこなってほしいです。
腰痛予防にどんな運動をすればいかというと、ウォーキングが効果的でしょう。いくつかポイントはありますが、とにかく骨盤を覆っている股関節をしっかり意識して歩くことが重要です。
股関節を意識して、踵から地面に着地し、つま先で地面を蹴るように歩くことがウォーキングで大切です。
なるべく歩幅を広く、上下動を少なくして、颯爽と歩いてください。決してモデル歩きのように上体を不自然に揺らしながら歩くことはしないでください。
腰痛グッズを使い続けることは素晴らしいことです。
なぜならば腰痛グッズを使うということは、腰にやさしいことをなるべくしようと日々腰のことを気にしているということだからです。
しかし運動するのが面倒だからといった、自分の慢心をカバーする理由で腰痛グッズを使うことは好ましくありません。そういう考えでいると必ず自分に返ってくるでしょう。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。